新田開発 - 菊地利夫

新田開発 菊地利夫

Add: anibog44 - Date: 2020-12-07 07:53:09 - Views: 5468 - Clicks: 739

新田開発 (続 事例編) 菊地利夫著, 古今書院, 1986: 詳細. 江戸時代の石高なら菊地利夫『新田開発』(1986年)に掲載されていますが、慶長、正保、元禄郷帳は原則表高、天保郷帳は内高表記です。しかしながらこれらには米以外の課税対象作物の収穫分も含まれるし、またそもそも石高は見込み収穫なのである程度凶作となった場合の数字を基準にして. タイトル: 新田開発: 著者: 菊地利夫 著: 著者標目: 菊地, 利夫, 1916- 出版地(国名コード) jp: 出版地: 東京: 出版社: 古今書院: 出版年月日等: 1977.

新田開発 改訂増補版 菊地利夫. 岩手県一ノ関生まれ。北海道名寄中学校卒、東京高等師範学校卒、1942年東京文理科大学理学部地理学科卒、海軍予備学生として入営、大尉で敗戦。 46年市川市立国府台高等学校教諭、47年千葉師範学校助教授. 7: 高校地理教育の原理と方法: 菊地利夫 編著: 古今書院: 1976: 地方史の思想と視点: 児玉幸多, 林英夫, 芳賀登 編: 柏書房: 1976. 正保郷帳記載の. 5: 歴史地理学方法論: 菊地利夫 著: 大明堂: 1977. 「続・新田開発 事例編」菊地利夫: 著者 : 溝口 常俊: 出版地(国名コード) JP: 注記 記事分類: 学術・文化--書評--経済・経営・産業 ; 学術・文化--書評--歴史・地理・哲学・心理学・宗教 注記 記事種別: 書評 出版年(W3CDTF: NDLC: ZG1: 対象利用者: 一般: 資料の種別: 記事・論文: 掲載誌情報. 新田開発 フォーマット: 図書 責任表示: 菊地利夫著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 古今書院, 1958.

現代日本の水田開発 : 開発地理学的手法の展開 Format: Book Responsibility: 元木靖著 Language: Japanese Published: 東京 : 古今書院, 1997. Common terms and phrases. 和泉清司, 『近世前期郷村高と領主の基礎的研究 : 正保の郷帳・国絵図の分析を中心に』, 岩田書.

続・新田開発 事例編 - 菊地利夫のページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンラインショップです。 Pontaポイントもつかえて、お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ. 熊澤徹(1985):『江戸の下肥値下げ運動と領々惣代』,史學雜誌 94. 新田開発は、近世における大規模な地域開発である。多くは耕地とともに集落が形成され、これらがセットになって列村や散村のような独特の景観がつくり出された。 新田開発が進められたのは、幕藩体制の制度的整備が確立する明暦~寛文期(1660年ごろ)、幕府財政の再建を図り改革の行わ. 人名索引・地名索引・事項索引:巻末 著者の学位論文「現代日本の水田開発の. 菊地利夫『新田開発 l があげられる。前者は集落地理学的立場で武蔵野台地の新田を集落立地と水との関係より解 高く評価されるべき業績といえよう。正を加え、新田開発の歴史的系列、地理的分布に及んでいる。本書はその後の新田研究の基礎を築いた. 新田開発 新田開発 版情報 版情報 改訂増補 改訂増補 著者名等 著者名等 菊地利夫/著 ≪再検索≫ 菊地利夫/著 ≪再検索≫ 出版 出版 古今書院 1977.7 古今書院 1977.7 大きさ等 大きさ等 22cm 538p. 続・新田開発(事例編) - 菊地利夫 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 前ページへ ホーム.

7 図書 新田開発. 菊地利夫『新田開発』による。正保郷帳・正保国絵図は原本の写本が全て残っているわけではなく、正確な集計結果は不明である。正保郷帳には新田高も載っているものがあり、これを含めると2450万石を超える。 なお幕府に提出された正保郷帳・国絵図は江戸城の火事で一度焼失している. 現代日本の水田開発の特性とメカニズムに関する開発地理学的研究 : 主題: 水田; 耕地整理; 開拓: 分類・件名: ndc8 : 614. 近世繪圖地圖資料研究会編, 『正保國繪圖』, 柏書房,年. 菊地, 利夫(1916-) 至文堂.

「続・新田開発 事例編」を図書館から検索。カーリルは複数の図書館からまとめて蔵書検索ができるサービスです。 『地誌学習の改造と基本的指導事項 (1969年)』(菊地利夫) のみんなのレビュー・感想ページです。この作品は、明治図書出版. 2−4 江戸時代 国土の再建. 8 図書 過疎と森林の生態学. ④菊地利夫著『新田開発(改訂増補)』(1977年) ⑤三芳町立歴史民俗資料館編『三芳の歴史』 スポンサーサイト. 2/キ『新田開発』菊地利夫/著 東京 古今書院 1977. 菊地, 利夫(1916-) 水利科学研究所. 新田開発 菊地利夫 Snippet view - 1966.

7: 大きさ、容量等: 538p ; 22cm: 価格: 2900円 (税込) jp番号:: 版: 改訂増補: 出版年(w3cdtf) 1977: 件名(キーワード. 菊地利夫 菊地利夫の概要 ナビゲーションに移動検索に移動岩手県一ノ関生まれ。北海道名寄中学校卒、東京高等師範学校卒、1942年東京文理科大学理学部地理学科卒、海軍予備学生として入営、大尉で敗戦。46年市川市立国府台高等学校教諭. 菊地利夫: 干択新田における災害の歴史地理 : 三河国平七新田を例として : 村瀬正章: 輪中の災害と治水 : 宝暦以降の水論について: 伊藤安男: 長島輪中地域の水害と新田開発の歴史地理: 伊藤重信: 高須輪中の水害についての考察: 松原義継: 藩制時代における海岸砂丘防災林の造成について: 立石. 四年度「研究紀要」) (4) 大石学「享保改革期における流作場開発政策と村落 下利根川流域野木崎村を中心に 」(徳川林政史研究所昭和五 (3) 長命豊『飯沼新田開発-悪水とたたかった江戸時代の農民たち 』(ふるさと文庫・昭和五三年) も ノ ている(菊地利夫『新田開発』二七〇頁.

菊地利夫 著: 大明堂: 新田開発 - 菊地利夫 1982. 菊地利夫『続・新田開発』(古今書院、一九八六年) 高橋源一郎『武蔵野歴史地理』第三冊(明治書院、一九三〇年) 小平市図書館編『古文書目録』第一集~第一四集(小平市教育委員会、一九七九~一九九二年) 小平市中央図書館編『古文書目録』付編一~四(小平市教育委員会、一九八九. 5/キ『近世の新田村』木村礎/著 吉川弘文館 1964 上記図書参考文献から『新田の研究』松好貞夫著、『新田開発』菊地利夫著、『新田村落』木村礎著 県立なし 611. 4: 続・新田開発.

118 そこで本研究では,常i窪国真壁郡の小貝川左岸における流作場. 菊地利夫:大間々扇状地の代官見立新田の開発 ・第117回例会 1983年7月9日 於 専修大学 橋本直子:近世猿島台地の開発とその後の変容-下総国城島郡浦何村を通して- 古田悦造:近世佃島における土地所. 新田開発 菊地利夫 著. 2 形態: xxii,274p : 図版3枚 ; 22cm 著者名: 元木, 靖(1944-) 書誌ID: BAISBN:内容目次情報. この節を理解するために; 1 縄文海進前の尼崎の地下; 2 尼崎市域の微地形.

コメント : 0; カテゴリ : 歴史・地理・旅行; テーマ : 歴史; ジャンル : 学問・文化・芸術; コメント. 4 ndlc : dm165 ndlsh : 耕地整理 ndlsh : 開拓 ndlsh : 水田: 注記: 付: 注・文献:各章末. Bib: BAISBN:. 現代日本の水田開発 : 開発地理学的手法の展開 資料種別: 図書 責任表示: 元木靖著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 古今書院, 1997. 2 Description: xxii,274p ; 22cm Authors: 元木, 靖(1944-) Catalog. 新田開発 フォーマット: 図書 責任表示: 菊地利夫著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 至文堂, 1963.

江戸初期から続く社会基盤施設への巨大投資、その後の減税措置などに伴う庶民の購買力向上により、元禄の繁栄がもたらされる。しかしそれも束の間. 開発形態は親村から分村する村受新田、村々から新田百姓を集める見立新田が多い中、川越藩による藩営新田であり、集落形態は台地周縁の古村が集村、塊村であるのに対し路村である。(下富のみ片側路村。)参照:続新田開発 菊地利夫 古今書院. 菊地 利夫『続・新田開発〈事例編〉』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. 2 形態: 230p : 挿図(31図) ; 19cm. 菊地利夫(1956):武蔵野畑作新田における土地生産力の上昇とその関連諸問題,人文地理 8(2),91- 103,159 頁. 新田開発 Format: Book Responsibility: 菊地 利夫 Published: 東京 : 古今書院 Description: 2冊 Authors: 菊地 利夫 Catalog.

国絵図研究会編, 『国絵図の世界』, 柏書房, 年. 和泉清司, 『近世前期郷村高と領主の基礎的研究 : 正保の郷帳・国絵図の分析を中心に』, 岩田書院, 年. 菊地, 利夫(1916-) 古今書院.

2 図書 日本歴史地理概説. 非公開コメント 管理者にだけ. 新田開発改訂増補 - 菊地利夫 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 新田開発 菊地利夫 Snippet view - 新田開発 - 菊地利夫 1963. 菊地利夫, 『続・新田開発―事例編』, 古今書院, 1986年.

あっ あり なかっ なっ なる において における によって による また まで より られ われ 沿岸 岡山 会社 開拓 開発 干潟 干拓. 2 形態: 2冊 ; 22cm 著者名: 菊地, 利夫(1916-) 書誌ID: BNISBN: (上巻) (下巻) 子書誌情報. 菊地利夫 著 : 大明堂: 1987. 菊地 利夫(きくち としお、1916年8月10日 - 年10月30日)は、日本の地理学者。岩手県一ノ関生まれ。北海道名寄中学校卒、東京高等師範学校卒、1942年東京文理科大学理学部地理学科卒、海軍予備学生として入営、大尉で敗戦。46年市川市立国府台高等学校教諭、47年千葉師範学校助教授、1950年. 11 形態: 240p ; 19cm 著者名: 菊地, 利夫(1916-) シリーズ名: 日本歴史新書 書誌ID: BN09719118. 定価¥9,350(税込) 新田開発 改訂増補/菊地利夫(著者)/新品本・書籍/ブックオフオンライン/ブックオフ公式通販・買取サイト。1500円以上のご注文で送料無料。.

【定価57%off】 中古価格¥3,950(税込) 【¥5,400おトク!】 新田開発 改訂増補/菊地利夫(著者)/中古本・書籍/ブックオフオンライン/ブックオフ公式通販・買取サイト。1500円以上のご注文で送. 古文書の解読お願いします。武蔵野新田開発に関する古文書ですが、波線の文字が読めません。解読をお願いします。 江(え・へ)御出被遊御御新田願の為仰付候故立合指上候『翌十八日ゟ同廿』候此上は御窺相濟拾『分割其壱. 『新田開発』(菊地利夫)、『経済社会の成立 17−18世紀』(速水融・宮本又郎編)、総務省データを基に作成. 4: 新田開発: 菊地利夫 著 : 古今書院: 1977. 2 形態: 2冊 ; 22cm 著者名: 菊地, 利夫(1916-) 書誌ID: BN05788764. 百科事典マイペディア - 武蔵野新田の用語解説 - 幕府は財政難打開のため,享保改革に際し新田開発を奨励,全国的に開発が進められた。武蔵野新田はそのおもなものの一つである。《新編武蔵風土記稿》によると武蔵国の多摩郡に40,新座(にいざ)郡に4,入間(いるま)郡に19,高麗(こま)郡に19.

J京地新田検地の実態を解明し,享 保改革期における新国検地が地域に及ぼした影響を考察することを呂的とする. 菊地利夫著『新田開発』至文堂 1963 近世の新田開発についての、さまざまな角度からの概説。 ぱらぱらと拾い読みしたが、新発見などあり。 個別の田畑の年貢の基準高となる石高を決めることを「石盛り」といい、江戸時代の平均は、中田なら1反=1石だが、それよりもかなり高いときは. 本1i)f究は歴史地理学 の立場からの新田I~l~ 発研究であり 菊地利夫10)が主張するように新田のl~f3G過程の分析に. 菊地 利夫(きくち としお、1916年 8月10日 - 年 10月30日)は、日本の地理学者。. 増補版 フォーマット: 図書 責任表示: 菊地利夫著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 至文堂, 1966. 菊地利夫『新田開発』(古今書院、昭和52年)より 〔参考文献〕 菊地利夫『新田開発』(改訂増補、古今書院、昭和52年)。佐賀県耕地協会『佐賀県干拓史』(昭和16年、再刊昭和50年)。 戻る. Created Date: 11:04:10 AM.

新田開発 - 菊地利夫

email: acixuhy@gmail.com - phone:(283) 378-9491 x 3560

認識問題 - エルンスト カッシーラー - 奇跡のフルーツ ノニが免疫力を高め万病を治す

-> 天龍八部 - 金庸
-> 前橋市北(富士見・大胡・宮城・粕川) 2011

新田開発 - 菊地利夫 - きくちえいこ


Sitemap 1

富士巡礼カレンダー 2021 - 写真工房カレンダー - ベルロカン ロジックのパズル